マラソン大会本番がいよいよ近づいてきました…

「これまで、しっかり走りこんできたし、明日はベストな状態で走りたい。」

とお思いかもしれませんね(^^)

頑張ってください!

 

でも、準備に抜かりのないあなたは食事にも注意しておきたいのでは?

「マラソン前日には何を食べたら良いのだろうか?」

確かに食事は本番にしっかり力を出す為に大事な要素ですよね♪

私は以前、食事にあまり関心がなかったので、本番に失敗したことがあります。

カラダから力が出らず、何とか完走した苦い経験になってしまいました…

走り終わった後はしばらくへたり込んでしまって動けなかったです…
あの時は本当にきつかったですね~(^^;

 

体力が回復した後に、

「もっとしっかり食べて食事にも気を付ければよかった…」
とあとから後悔する事になりました。


スポンサードリンク




この様な経験をしないよう、
  • 前日までに何を食べていけば良いのか?
  • なぜその食事をとるべきなのか?
このあたりについて詳しくお伝えします!

マラソン前日までにとるべき食事はコレ

それでは、ココから実際にどういった食事をとるべきなのかお話していきます。

前日までにとる食事はズバリ…

炭水化物です!!

炭水化物とはつまり、

パスタ ごはん パン うどん 餅

などです。

これを大会前日まで取るようにしましょう♪

s_2015y01m06d_230926041-150x125 s_2015y01m04d_230025061-150x142
具体的には、
  • 3日前から炭水化物のみを食べる。
  • 肉、野菜、魚などは一切食べない。
となります。

炭水化物にはグリコーゲンといわれる栄養素が含まれており、このグリコーゲンがマラソンの時にエネルギーになります。

つまり、

出来るだけ炭水化物を食べて、このグリコーゲンを本番までとっておきましょう!

という作戦ですね♪

 

「肉や野菜は一切食べないのって大丈夫なの?」

と思われたかもしれませんが、3日程度なら大丈夫です。

肉や魚は種類によっては消化の悪いモノがあります。

消化の悪い食べ物は余計にエネルギーを使ってしまうんですよ(/ω\)

 

せっかく体のなかに蓄えておこうとしたエネルギーを消化するのに無駄遣いしちゃう事になりますので勿体ないです…

 

特に初心者の方は、マラソンで本当にエネルギーが空っぽ状態になりやすいので、グリコーゲンをしっかり溜ておくことがほんとに大事です!

じゃないと、以前の私のようになりますので(ノД`)・゜・。

走ろうにも本当に力が出ないんですよ…

これは今まで練習してきたことが発揮できないのでホントに悔しいです(^^;

 

「どうしても、3日前から炭水化物だけじゃ無理!」

という方は前日は必ずしっかり食べておきましょうね(^^)

スポンサードリンク




具体的な食事のメニューは?

個人的にはパスタがおススメですよ♪

調理しやすいですし、色んなパスタがありますので、飽きる事も無いでしょう(^^)

ごはんも、牛丼やカツ丼など、重たい物は避けて、出来れば白米とうどんみたいな、定食屋さんのセットのような
メニューをとることが良いです!

餅もうどんに入れたりできますので、この際、炭水化物を楽しんでみてはどうですか!?

 

ちなみに、私は炭水化物大好きなので、マラソン前の時期は好きなだけ炭水化物食べれます。

家族にそういって無理やり好きな物を食べてますよ!(^^)!

それで、マラソン当日はエネルギー満タンですからいいことづくめです~

 

もちろん食べ過ぎはダメです(汗)

消化不良起こしたら、余計にエネルギーを使いますので体調を崩すことになります…

目安としては炭水化物だけで腹八分目

このくらいで丁度よいです。

最後に

いかがだったでしょうか?

炭水化物をしっかりとってエネルギーを蓄えること。

要するにこういう事でしたが、意外とこれをやっている方は少ないようです。
(プロのランナーや実業団の方は除きますよ^_^;)

 

バランスよく食事をとらなきゃいけないみたいな…

私も最初はそう思っていましたが、それは日々のトレーニングの期間の話です。

 

3日前から前日まではエネルギーを蓄える事に集中するべきです!

それが本番どれだけ助けになってくれるか、走る力に代わるかよくわかっていますので、ここで改めてお伝えしておきます。

 

しっかり準備して、ベストな状態で臨んでください(^^)

最後まで読んでくださりありがとうございます。