普段通りに生活していて、急にお腹が痛くなってトイレに駆け込んだことのある人は私だけではないはず…

私は、よく授業中とかにお腹が痛くなっていました。

2014y10m27d_232531736-144x144
「頼む…おさまってくれ…」

と願いながら、お腹をさすっては痛みがおさまるのをただひたすら祈る。

 

もう授業なんか聞いてられません。

そんな時に限って、痛みのビッグウェーブがやってきて、耐えられなくなって、トイレに行くこともありました。

下痢になって排泄すると、一安心なのですが、学生にとって、授業中にトイレに行くこと。その恥ずかしさは計り知れません(^_^;)


スポンサードリンク




社会人になってからはそうでもなくなりましたが、大事な会議中や、移動中、誰かと話している時に痛くなると、汗が止まらなくなります。

 

そこで、どうしてお腹が痛くなるのか、この際その原因をしっかり調べて見ることにしました。

下痢と腹痛の原因

104696-257x300
まず、どうして下痢になるのかというと…
腸が何らかの理由で異常収縮して、消化した内容物の水分を十分に吸収できないからです。

また腸が異常に水分を分泌してしまうケースもあります。
そして下痢となって排泄するときに痛みを伴うワケですね。

ではその下痢になる原因は
  • ストレス
  • 食品
  • 食あたり・食中毒
  • 腹部の冷え
  • 食べ過ぎ・飲みすぎ
  • 体調の不良
です。

どれに当てはまるか詳しく見ていきましょう。

ストレス

大事な会議や試合などプレッシャーのかかる場面では、自律神経が刺激されます。

神経が刺激を受けると腸が過敏に収縮してしまい、結果下痢と腹痛を引き起こします。

よく緊張でお腹が痛くなるという類はこのストレスのせいです。

さらに、このストレスが慢性的に続くと、腸に異常はないのに、下痢が数週間続く「過敏性腸症候群」と呼ばれる病気にもなったりします。

怖いですね(汗)ストレスはなるべくためないように気を付けましょう。

食品

果物や豆類に含まれる糖類の作用で腸内に水が溜まり、余分な水分が排泄されると下痢になります。

フルーツなどの過剰な食べ過ぎに気をつけるべきです。

腹部の冷え

よくお腹を出したまま寝ると、次の日下痢になったりしますよね。

腹部が冷えることで、自律神経が刺激を受け、腸が異常収縮してしまい、水分の吸収が不十分のまま排泄され下痢となります。

夏の蒸し暑い夜は扇風機や冷房でお腹を冷やすと大変な目にあいます。

食べ過ぎ・飲みすぎ

過剰な食物や飲物のとりすぎは腸内の消化不良を起こします。

特にアルコールなど水分の取りすぎは高い確率で下痢になりやすいです。

 

私も、お酒を飲むのは好きで、ビール、焼酎、カクテルなどたくさん飲んでしまいます。

そして、飲みすぎた次の日には 二日酔いと下痢が待っています。

次の日が仕事だともう最悪です(T_T)

仕事になりませんので、上司や同僚に引いた目で見られます。

かといって休みの日でも嫁に冷たい視線を浴びせられますけどね…

 

飲みすぎには十分注意しましょう(^^ゞ

良いことは一つもありませんので(笑)

体調不良

風邪や、病気の時は体力が落ちていますので腸の働きも自然と低下します。

そのような状態の時にいつもと同じ食事だと消化不良を起こします。




以下のような原因で下痢と腹痛が襲ってきます。

じゃあ実際に私の場合は何だったのか?

自分なりに分析したので、似たような境遇の方は参考にしてください。

下痢と腹痛の症状と対処法

原因に対して一つ一つ対応していくことが大事です。

私の場合は…

・食事の後1時間くらいで腹痛がある。
・朝食時には水分をあまりとっていなかった。
・食べ過ぎや飲みすぎの意識はなかった。

といった感じです。

2014y10m27d_233149142-260x300
分析してみると、私の場合は…「便秘」だったのではないかと思いました。

朝の早くから学校に行くので、家でゆっくりトイレに行くという習慣がなく、水分の補給もしていなかったから自然に便秘気味だったのでしょう。

 

胃腸が活発になってきたところで、便秘だと体外に排出されずに臓器を圧迫して痛みが出るという事がわかりました。

 

結論としては、生活習慣の見直し(早く起きて体調を整える)としっかり水分補給をする事で改善されていきました。

 

余談ですが、その時初めて「コーラック」という便秘薬を飲みました。

ひどい便秘ったので、少し多めに服用したのが大間違い!

ほとんど水分のような便が頻繁に出るようになり、半日トイレから出られませんでした…

お薬の容量・用法は必ず守るようにしましょう^^;

デリカシーのない話で申し訳ありませんでした。

 

さて、ココまでお伝えしたところで

「原因や症状は分かったけど、実際にどうしても痛くなることもあるよね。痛くなった時はどうすればいいの?」

という声が聞こえてきそうですね。

 

お腹が痛い時は、正直それどころじゃないですもんね…

そこで少しでも痛みに対処する方法をご紹介します。是非、試してみて下さい。

スポンサードリンク




痛みに耐えるには!?

a1640_000379-246x200
「耐える」と書きました。

実は腹痛や下痢を楽にするポイントがいくつかあります。

 

本来お腹が痛くなった時には、やはりトイレに行くのがベストです。

体外に出すことが一番良い対処法ですからね。

でも、必ずしもトイレにすぐ行ける状況というのはそう多くはないのではないでしょうか。

「あと10分で授業が終わる。」
「あと5分だけもってくれ…」

そういった時に限って痛みが襲ってくるものです。

出来る事で結構ですので、何とかその場をしのぐ為に試してみて下さい。

薬を飲む

8767a3d2146117864c9bc8407e33c8e7_s
市販されている薬で急な腹痛の時に飲むものがあります。

もし薬を飲める状況であればおススメです。

今では水がなくても服用できる薬もあります。

もし、「薬がない。もしくは薬を服用するタイミングがない!」

と言う場合であれば、それなりの対処法というものがあります。

詳しくはコチラ↓

⇒お腹が痛いけど薬がない!急な腹痛でも対応できる5つの方法!

 

腹部のマッサージ

腹部を直にゆっくり撫でる。撫でることで腸の活動をおさえる効果があります。

ポイントは反時計まわりになでることです。

深呼吸する

深呼吸を繰りかえすことで、酸素を身体に取り込んで痛みをおさえられます。

リラックス効果も見込めます。

ベルトを緩める、外す

お腹を締め付ける行為をやめることで、痛みがおさまる事もあります。

マッサージもやると尚良いですね。

横になる

横たわって、楽な体勢をとります。身体を冷やさない様に毛布などを用意して安静にする事で下痢の症状も少しは良くなります。

 

どれでも構いませんので、あなたが出来るところから取り組んでみて下さい(^^)

最後に

下痢と腹痛の原因と対処法についてお伝えしました。

対処法については試して頂きたいところですが、トイレに行ける状況であればすぐにでも行って下さいね。

どうしてもいけない状況での対処法ですので、決して無理をしないで下さい(;^ω^)

 

また、トイレに行った後は脱水症状を防ぐために、水分補給を行ってください。

おススメはスポーツドリンクです!

bottles-60474_1280-246x200
 

そして、下痢や腹痛が何日も続くようであれば、必ず病院での診療を受けて下さい。病気の可能性があります。

 

日頃からすぐにお腹が痛くなるのには原因があります。日常生活で気を付けておくべきところをまとめてみましたので、こちらも参考になるかと思います↓

⇒毎日お腹痛いけど病気なの?原因は?解決策はある!?

 

腹痛と下痢の原因をよく理解して、日々の生活から気を付けてくことが一番です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい(^^)