サッカーの試合ではフリーキックをける場面があるよね?

本田圭祐選手やメッシ選手などがキレイなシュートを決めるところを
テレビや生の試合で見た人がたくさんいると思います。

壁の上を超えて急にググッと曲がり、キーパー一歩も動けず…ゴ~~~ル!

2014y11m22d_153850294-268x300
あんなにカッコよくゴールを決められたら、その日はヒーロー!(^^)!

「お前、スゲーな!」
「○○くん、カッコいい!」
「いいゴールだったね!」

やった~\(^o^)/って感じだよね

そんなゴールを決めようと毎日練習してるキミ!

練習はとても大事だけど…

1つ聞いてもいいかな?
実はフリーキックには
直接フリーキック間接フリーキックがある。その違いがわかるかな?

わかる人はこれからの文章は読まなくてもいいけど、
もし知らなかったという人は、ここで少し勉強してみよう!

ルールを知ることもサッカーがうまくなる大事なポイントです!


スポンサードリンク




違いはゴール!?

じゃあ「間接フリーキック」と「直接フリーキック」の違いを教えます。

それは、ズバリ「ゴール。」

けって、そのままゴールを決めてもOK!ってやつが「直接フリーキック。」

だから、テレビで見るような本田選手やメッシ選手が決めたゴールは
直接フリーキックになるってことです。

 

で、その逆が「間接フリーキック。」

けった後に直接ゴールが入ってもゴールにはなりません。
もっとわかりやすく言うと、
「ける人以外に誰かボールに触らないとゴールになりませんよ」
ってことです。

だから、味方同士で二人がボールに触ってないとゴールとは認められません。

 

わかるかな?^_^;

あまり難しく考えるとわかりにくいのでかんたんに言うと、
いつもよく見るようなフリーキックの場面はほとんどが直接フリーキックで、
たま~に間接フリーキックがあるくらいで覚えておこう。

どんな場面で間接?直接?

では、次に
どういった時が直接フリーキック、間接フリーキックなのか
具体的な例をあげていきます。

ある試合で、すごくゴールに近い所でフリーキックになりました。
そこで、キッカーの子がおもいっきりけって、ゴールを決めた。

「イェーイ!!、やったぜ~\(^o^)/」とガッツポーズ
飛び跳ねて喜んでました。

ですが、
試合はゴールキックから始まりました(・_;)

「ん?」

「え?なんで?」

シーンみたいな😅
わけがわからず、ポカ~ン(・・?

そう。この場面は間接フリーキックだったんだね…
だれか味方が一回触ってからけったら良かったんだけど、
直接入れちゃったから、ノーゴールになってしまいました。

「おいおい、ルール知らないの?」
「あいつ、バカじゃない?」

クスクス笑われてしまいましたよ(T_T)
これは私のチームの体験談なんですが、
ルールを知らないと恥ずかしいことに…

 

この場面では、相手のゴールキーパーが
「味方のバックパスをキャッチしてしまった。」ことが
間接フリーキックになりました。

そのほかにも

「味方がなげたスローインをキーパーがキャッチした時」

「キーパーが6秒以上ボールを持った時」

に間接フリーキックになるので、キーパーの人は特に注意しよう!

審判が腕を上にあげたら間接フリーキックという合図なので覚えておこう。

スポンサードリンク




では次に、直接フリーキックについて。

これはカンタン!
相手をけったり、押したり、倒したりしたら直接フリーキックになるよ。
あ、あとハンドもダメだね(;_;)/~~~

さっきも言ったけど、ほとんどのファイルが直接フリーキックになる。
でも、もし「どっちだ?」と思ったら審判をみること。

え、なんで?って?

腕を上にあげていれば間接フリーキックだってわかるでしょ?(^O^)/
ちなみに、直接フリーキックは腕を横に向けているよ。

まとめ

2014y11m22d_153809740-300x211
どうかな?

少しはフリーキックについて理解できたかな?

正直、間接フリーキックはあまりないので、知らない子も多いと思う。

でもね、小学生の試合ではバックパスを取っちゃったりすることがたまにあるから、

その時は、

「間接フリーキックだ。一回味方が触らないとダメだ!」

とキミが呼びかけてみよう!

 

もし知らない子がいたら、そのままけっちゃう事があるかもしれないからね(^^;

 

もちろん、直接フリーキックはそのままゴールを狙えるから、余計なことは考えなくていい。
練習を頑張って上手くなって、本田選手みたいに、バコーンと決めたら超カッコいいよね(>_<)

フリーキックはチャンスなので、ルールを学んでそれをゴールに結び付けよう!

それではこれでフリーキックのちがいについて説明を終わります。
ココまで読んでくれてありがとう(^^)
知らないチームメイトがいたら教えてあげてね!