「あ~そうですか…それは微妙ですね~」

従妹からの電話でそう答えていた私。

実は先日から風邪をひいてしまい、熱があるとのこと。
そこまで高熱ではないので出来れば風呂に入りたいけど、
入っても大丈夫なのか?

病院に勤めている私にその答えを求めてきたワケです(;^ω^)


スポンサードリンク




よく一昔前は
「風邪をひいたら風呂に入るな!一日位入らなくても大丈夫だから。」
って言われていませんでした?

親にもそう言われて入らなかった事も多々ありましたが、
やっぱり汗でベトベトしたカラダは気持ちが悪い(T_T)
カラダも結構元気だし、入浴しても大丈夫な気がする…

そう思うとますます入りたくなるもの。

出来るなら、風呂に入ってサッパリしたいというあなた。

今回は熱がある時は本当にお風呂に入るのはやめた方が良いのか?
についてズバリお答えしていきたいと思います!

熱がある時に入浴するメリット・デメリット

医療機関に勤めている為、その辺に詳しい専門家は身近にいます♪

なので、色々聞いてみたのですが、

結果は…賛否両論でした^_^;

と言うのもケースbyケースで、
入った方が良い場合と入らそうでない場合があるみたいで、
それぞれメリット、デメリットがあるとのことです。

【メリット】

・清潔になるので気分がサッパリする。

・入浴する事で代謝があがり風邪が治りやすくなる。

【デメリット】

・熱がさらに上がる。

・体力を消耗しやすい。

・湯冷めして悪化する。

・汗をかくので脱水症状になりやすくなる。

まとめてみるとこんな感じになりました。
これらの事があるので入浴する、しないに意見が分かれたワケです。

メリットがしっかりあるので、入浴する事は決して悪い事ではないと言えます。
実際に風邪の治りが良くなった例はあるそうですし、やっぱり気持ちがいいですよね。

私は毎日お風呂に入りたいので少し位熱があっても入る気持ちの方が強いです。
やはりべたべたしたまま寝るのが衛生的に良いとは思えないからです(^^ゞ

という事で無理してでも入りたい所ですが、
やはりデメリットの方も怖い…

そこで、この位の症状だったら入っても大丈夫という条件を
うまくまとめる事が出来たので次はその辺をお伝えしてきますね。

入浴してもよい条件とは…

入浴できるラインは次の四つをクリアしている時です。
  • 熱が38℃に達していない。
  • 下痢、嘔吐がない。
  • 熱が出ている感じがしない、元気。フラフラしない。
  • 体の節々が痛くない。
それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

熱が38℃に達していない。

風呂に入ると、どうしても体温が上昇します。
それが代謝を高め、風邪菌と戦ってくれる役割も
果たしてくれますが、39度、40度になってしまいますと
体温を調節する機能が上手く働かなくなるので
38℃以上体温を上げると逆効果になります。

頭がフラフラしてお風呂どころではなくなりますので(^^;

下痢、嘔吐がない。

下痢や嘔吐をしている状態はとても体力を消耗している状態です。
水分も不足している状態なので、風呂で脱水状態になるのは
危険というワケですね。

フラフラしない。

熱があるのにそのような感じがしない。という状態は
もしかしたら風が治りかけているかもしれないという事です。
というのも、風邪を引いた時は37℃くらいの体温が一番
風邪菌と戦っているのです。

よって、カラダがほとんど風邪をやっつけてしまっているので
元気であるという事が言えます。

カラダの節々が痛くない。

節々が痛いといった症状は風邪ではなく、インフルエンザの
可能性があります(汗)
インフルエンザは全く別の病気であり、
40度近い高熱が一気に出ますので、当然お風呂には入れません。

もし、節々が痛いならすぐに病院に行き診察を受けることです。

以上の条件に当てはまる場合は入浴しても大丈夫でしょう。
ただし、条件を満たしているとしても普段通りに風呂に入っても
よいというワケではありません!

最後に入浴する時に気を付けるポイントについて
お話しておこうと思います。

スポンサードリンク




風呂に入る時の注意点

つまりは、先ほどのデメリットを補う様に
気を付ければよいという事になります。

具体的には、
  • 脱衣所をなるべく暖かく
  • 長時間、入浴しない
  • すぐに服を着て暖かくする
  • 十分に水分補給をする
  • なるべく早く寝る
湯冷めをしないように暖かくして体力を消耗しないように長風呂しない。

そして脱水症状を防ぐため水分補給を行い、暖かくして寝る。汗をかいたらこまめに着替える。

 

まとめるとこうなりますね♪

基本的は事ばかりになってしまいましたが、
風邪と言うのは安静にして体の免疫力を高める事が
一番だと先生もおっしゃっていました。

その為、出来る事をココでお伝えしてきました。
ぜひ参考にして頂ければと思います(^^)

入浴は出来そうにない…そんな時は

熱が38℃以上あったり、下痢や嘔吐の症状がみられる場合は
入浴は控えた方が良いでしょう。

でも、カラダはなるべく清潔に保ちたいですよね。

 

そんな時はコチラ!

カラダをお湯で濡らしたタオルで拭く。

水のいらないシャンプーで頭を洗う。

お風呂に入るまでとはいきませんが、
タオルで体を拭くだけでもかなりスッキリします。
気分もいくぶん気持ちが良くなりますので是非やってみて下さい。

衛生面でも効果的は方法です。

カラダを拭いたら、次は頭です。
そこでおススメなのかコレ

写真

水のいらないシャンプーです。

髪を濡らさずにホコリや汚れを落としてくれる
優れものシャンプーですね♪

使い方はカンタン!頭に適量吹掛けてタオルでゆっくり
拭いてあげるだけです。

これで、髪を洗えずにべたべたする不快感に悩まされることも
ありません。実際にこのシャンプーは病院内で熱発の患者で
お風呂に入ることが出来ない方に使われるとても有効な
やり方なので、ぜひお試しください(^^)

リンク

以上、最後まで読んでくださりありがとうございます。