「あわわ…どうしよう(ノД`)・゜・。」

バックでの駐車…

自分では距離を見ながら入れようとしたのですが、うまく入らず、後続車が続々と迫ってくる。

「早く入れろよ…」

そんな風に言われている気がして焦る私。

しかし焦れば焦るほど、駐車はうまく行かず、とうとう別の場所に移動する事に(T_T)


スポンサードリンク




これは私がほんの数年前に体験した出来事です。
立体駐車場だったので、バック駐車が当たり前で停めなくてはいけない状況でした。

いや~あの時の緊張感と恥ずかしさは二度と体験したくありません(^^ゞ

こんな経験ございませんか?

自分が恥ずかしいだけならまだ良いのですが、焦って他の車にでも当ててしまったらシャレにもなりません。

特に免許取り立ての方やペーパードライバーの方はこのバックでの駐車に頭を悩ませているのではないでしょうか?

 

でも、ご安心下さい!

下手くそだった私でも今ではスムーズに駐車することが出来る様になれました(^^)

だから、アナタも必ずできる様になります。

ポイントはハンドルの切り方とタイミング!

これをまず理解しておくだけでグッと楽になります。難しい事は言わずに、なるべく簡単にお伝えしていきますので一緒に見ていきましょう♪

ハンドルを切り方は二パターン!?

a1650_000009-246x200
ハンドルってどう切ればいいかよくわかりませんよね(^^ゞ

わかっている人からすれば、

「何でそう切るんだよ、逆、逆。」

みたいな事を言われかねないのですが、それが悔しいですよね…

要するにあれやこれや動かしすぎるから、自分が今どうやって操作しているのかわからなくなるワケです。

だったら、ハンドル操作を簡単にすれば良いという事になります。

 

ハンドルを切るポイント
  • 左か右に思いっきり切る。
  • 駐車場のラインに平行になる。
  • ハンドルを元に戻す。
  • バックする。
これだけでOKです。

これなら簡単でしょ!?

ハンドルを切る、まっすぐに戻す、そのままバックして駐車。

これだけで駐車は出来るんです。

ポイントはハンドルを切ってから、ブレーキを離す事。

間違ってもハンドルを切りながらブレーキを離してはいけません。

そんな事は慣れてからやればいいんです(^^ゞ

必ず動作を別々にして駐車する事を心掛けてください。

最初は時間が掛かってしまいますが、確実な方法であり、一つ一つを分けて行うので、パニックになる事もありません。

しかし、ここで一つ疑問が。

「ハンドルはいつ切ればいいの?」という事。

そうなんです。
ハンドルを切るタイミング(ハンドルを切り始める車ん位置)が正しくなければ思いっきりハンドルを切ってもうまく行きません(;^ω^)

次ではこのポイントを実践を踏まえてご紹介していきます!

スポンサードリンク




ハンドルを切るタイミングが大事!実践してみた!

では、ここからは実際に駐車してみようと思います!

駐車場に入ってきて、どの辺りに停まってハンドルを切るのか。

 

その大まかな流れは以下の通りです。
  • 停めたい場所の隣でストップ
  • ハンドルを切る
  • ブレーキを離す
  • 駐車場のラインと並行になっているのを確認
  • ブレーキを踏む
  • ハンドルを元に戻す
  • ギアをR(リバース)に入れる
  • そのままバック
  • 駐車完了
一つ一つ確認していきましょう!

① 停めたい場所の隣でストップ

車の後輪が駐車したい箇所の隣で半分の所でストップします。

DSC_0456
言葉で言うとややこしいですが、↑の写真のような位置で停まります。

 

DSC_0457
別の角度から。ここからハンドルを切っていきます。

この時、駐車スペースと車の距離を1mほど離すようにして下さい。

 

② ハンドルを思いっきり切る。

サイドミラーで現在の車の位置を確認します。

DSC_0448
このような状態でしたらOKです。

いよいよハンドルを切っていきます。

この場合は左に思いっきりハンドルが回らなくなる所まで切ります。

まだ、ブレーキは踏んだままですよ~

③ ブレーキを離す

ブレーキを離すと少しずつ車が動いていきますのでそのままゆっくり駐車スペースに入っていきます。

とっさの時に対応できるように必ず右脚はブレーキの上に置きましょう。

この時、間違ってもアクセルを踏んではいけませんよ。

④、⑤ 駐車場のラインと並行になっているのを確認し、ブレーキを踏む

車が駐車スペースに入って行くと、サイドミラーを確認します。

DSC_0452
この様にラインと車が並行になっているのを確認したら、
ブレーキを踏みます。

⑥ ハンドルを元に戻す

ブレーキを踏んだ状態でハンドルを元に戻してあげましょう。
そうする事でタイヤがまっすぐになります。

ハンドルはどんな車でも1回転半しか回りません。

という事は、今度は右に1回転半ハンドルをきれば良いという事になります♪

正しく戻すと、ハンドルが元の状態に真っ直ぐになっているハズです。

⑦、⑧ ギアをR(リバース)に入れ、バックする

後はギアをR(リバース)にしてゆっくりバックするだけです。

この時もサイドミラーを確認しながら、縁石や後ろの車に当たらないように注意しながら、停車して下さい。

無事、駐車できたら完了です!お疲れさまでした(^^)

 

どうでしょうか?この方法であれば、一発で駐車する事も可能です!
実際に車のサイズ、距離感をつかめれば、どんな時でも焦らず停める事が出来る様になります♪

だって、いつも同じポイントをみて、ハンドルを切るだけだから。

 

慣れればスッと入れて気持ちいいですよ(>_<)

 

とはいっても、最初はどうしても失敗してしまうもの…

そんな時はどうしたらよいのか、次にお話させて頂きます。

駐車に失敗したら…

慌てる必要はどこにもありません。

むしろ慌ててしまうと、パニックになり、他の車や歩行者に迷惑をかけてしまう可能性があります。

では、どうすれば良いのかと言いますと、簡単です。

・ギアをD(ドライブ)にいれる。

・ハンドルはそのままでゆっくり前進する。

これだけです。

これで元の位置に戻る事が出来ます。

 

そうです。

一度失敗したなと思ったら、元の車の位置に戻してあげればいいのです。

 

ハンドルはそのままでバックか前進するかだけの違いですので、そこからまたやり直す事が出来ます(^^)

ポイントは、間違ったからといってヘタにハンドルを切らない事。

 

パニックの中でハンドル操作すると、いま自分がどのような状態なのかもうワケがわからなくなってしまいます(汗)

それでは、冷静に対処する事が難しくなったしまいますので、
一度リセットするつもりで対応しましょう♪

最後に

2015y04m13d_210517433-246x200
駐車のコツともし失敗した場合の対処法についてお伝えしてきました。

最後にお伝えしておきたい事は、誰でも最初は下手くそだった。という事です。

今ではフツーに停められるようになった方々も最初はやはりコツを掴むまで苦労されたと思います。

 

そこで、

「どうやったらスムーズに駐車できるのだろう?」

と一生懸命考えて、実践と修正を繰り返した結果、皆さん出来るようになっているワケです。

 

そこから逃げると結局はいつまでたっても上達しません。

 

だから、ゆっくりで良いので必ず「自分にも出来るハズ」と自信を持って取り組んでみて下さい(>_<)

その行動1つ1つが良い結果につながっていきます。

 

ぜひ諦めずチャレンジしてみて下さい。

この記事がそのお役に立てれば幸いです♪