季節の変わり目にはエアコンの掃除が必須です。

しばらく使っていないとフィルターに去年のホコリがビッシリ…
なんて事も(;^ω^)

ホコリがつまったまま使用すると、当然そこから送られてくる冷風、温風も
汚れていますし、燃費も悪いので電気代も余計にかかってしまいます。


スポンサードリンク




エアコンを使い始める前にクリーニングする必要があるので、
業者に頼もうとしたのですが、結構な料金を取られるみたいで(^^ゞ

「なんとかならないかな~」と思っていた矢先
知り合いの清掃会社の職員の方にノウハウを聞く事ができ、
「これなら何とか出来そう」と感じたので、実際に取り組んでみました。

 

すると、キレイにフィルター掃除することに成功!
その手順をココからお伝えしますね♪

 

ウチみたいにクリーニング代にまで払う余裕がないという事業所さんは
参考になるかと思います(失礼な言い方で申し訳ありません^_^;)

エアコンクリーニングに必要な物は?

フィルター清掃を行いますので、比較的広い場所を確保してください。
出来れば屋外が望ましいです。
  • ホコリを吸い取る掃除機(ハンディータイプでもOK)
  • ブラシ
  • フィルターを入れる容器
  • ホース
  • ドライヤー
 

水を使って洗いますのでフィルターが入る大きめの容器が必要ですね。

洗剤は使いません。

聞くところによるとホコリは水でしっかり洗う事で十分に落とせるので必要ないそうです。
逆に強い洗剤でゴシゴシ洗うとフィルターを傷つけてしまうので注意してください。

つまり、ホコリだけを落として元のきれいな状態に戻してあげればいいという事ですから、
なるべく簡単に出来る手順を次からお伝えしていきます!

フィルターのお掃除・お手入れ方法!

では、さっそくその方法をご説明したいと思いますが、
まず業務用のエアコンには四方向と二方向の種類があり、
これが一般家庭の物とは違う点になります。

写真

要するにフィルターの取り外し方や形が違うという事なんですが、
取扱説明書や一度中を確認してみれば大丈夫。

フィルターは大抵すぐ見える所に設置してあります。
  1. フィルターを取り外す。
  2. 掃除機でホコリを吸い取る。
  3. ブラシで水洗いする。
  4. ドライヤーで乾かす。
  5. 天日干しする。
手順としてはこれだけです。

 

難しい作業はないかと思います(^^)

ポイントは水洗いする前に掃除機でホコリを取り除いておく事です。

実際にやっていただくとわかりますが、ホコリがビッシリついた状態で
水に浸すと、とても洗いにくくなります。
なので、出来るだけホコリは掃除機で吸っちゃいましょう♪

それでは各手順についてそれぞれ見ていきましょう。

スポンサードリンク




フィルターを取り外す。

ウチで取り扱っているエアコンは三菱製の物なんですが、
このように一般家庭の物と違って天井に埋め込み式になっているか
ぶら下げてある物がほとんどかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このようにリモコンで操作して天板を下げます。
中にフィルターが入っていますので、取り外します。
はめ込み型なので、パチッと取り出せるはずです。

掃除機でホコリを吸い取る。

取り外したフィルターがコチラ↓

IMGP0024
半年間お手入れしていないとホコリで真っ白に^^;

ちなみに、全然使用していないエアコンでも、
人の出入りが激しい所では自然とホコリがたまっていくそうです…

 

早速、場所を移動して掃除していきます。

IMGP0196
ここで、掃除機の登場です!
ご家庭用の物で十分ですが、ノズルをこの写真のように
フィルターにあてやすいタイプに換えて使用した方がベターです♪

ホースが邪魔でやりにくい場合はハンディータイプの掃除機でも可。
やりやすい方で取り組んでみて下さい(^^)

ココでどれだけホコリがとれるかがポイントですので
頑張ってください!

ブラシで水洗いする。

ホコリが取れたら、今度は水洗いで仕上げます。

IMGP0041
水に浸してブラシを使いながら洗っていきます。
ここでのポイントはゴシゴシ洗わない事です。

あまり強くこするとフィルターが傷ついてしまいますので、
汚れを取り除く位の感じで十分です。

ドライヤーで乾かす。

ここまでで、大方の汚れは取れているかと思いますので、

フィルターを乾かす、小さなホコリをとっていく作業をします。

IMGP0003
具体的にはドライヤーを使います。
素早く乾かすと同時に、まだ付着しているゴミをとっていきましょう。
これもご家庭にあるドライヤーで十分かと思います。

天日干しする。

最後は天日干しですね。

IMGP0040
タオル等で水分を拭き取って屋上やベランダに干します。

注意点としてはフィルターは軽いので飛んでいかないように
しっかり固定しましょう。

気が付いたら「あれ?どっか行っちゃった…」とならないように(^_^.)

しっかり乾いたら、乾拭きしてフィルターを元の位置に戻します。

 

掃除完了の写真がコチラ!

IMGP0037
簡単お掃除レッスンは以上になります(^^)

業務用のエアコンについてこれまでお伝えしてきましたが、
ご家庭にあるエアコンはどうなんでしょう?




実は、家庭用のエアコンも同じ手順でOK!なんです。

IMGP0012
要は、フィルターの取り外し方が違うだけで、
洗い方やお手入れ方法は同じなんですね。

IMGP0023
取り外したら
これまでの手順通りに洗うだけ。

サイズもご家庭の方が小さいので、手間もかからず出来ると思います♪

業者に頼むといくらする?

調べてみた所
フィルター交換・清掃の相場は以下のようになっているようです。
  • 通常のオフィス 800円/1枚につき
  • 飲食店以外の店舗 1000円
  • 飲食店(焼肉店など) 1200円
株式会社 アスターより引用 www.astars.jp/

 

5枚から依頼できるようなので、最低でも4000円ほどかかる計算になります。

5枚位なら自分で掃除した方がよいかと思いますが、
事業所によってはエアコン100台とか完備している所もありますので、
それだと依頼した方が楽かもしれません。

 

個人的には20~30枚位なら2、3人でやれば半日で終わる範囲ですので
手間とコストを計算してどちらがベストか確認してみる事が大事ですね。

最後に

フィルターの清掃は慣れれば素人でも出来る作業ですが、
エアコンの機能、効果を上げるために一番効果的な方法でもあります。

 

今回はその方法をお伝えしましたが、エアコンを使い始める前の
6月、11月位にお手入れを終わらせておきたいところですね♪

ちなに、フィルター掃除以外にもクリーニングする事はまだあるのですが、
機械を分解したり、電気系統を触ったりするので素人には無理です(^^ゞ

それ以上の作業は潔くプロに任せましょう。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。