寝起きに気になる口臭。


お泊りや旅行がある時、周りの人に口臭がバレないか?

心配になっているあなた。

寝起きの口臭の原因と口臭対策をご紹介します。

また、寝起きの口臭が日常化している方には、生活習慣や就寝前の習慣を見直すだけで、口臭が軽減できることも。

合わせて対策をお話しましょう。

スポンサードリンク

寝起きの口臭の原因は?実は食習慣だけじゃない!

寝起きの口臭は、人間誰でもあることを理解しましょう。

臭いの強い弱いがあるだけの違いなのです。

 

寝る前にしっかりと歯磨きをしているにも関わらず、臭いがある。

そんな場合は、就寝中には水分が摂れず、口内が乾燥し悪玉菌が繁殖しているため臭いにつながっているのです。

もちろん、前日にアルコール摂取、臭いのきつい食事を摂った、などが原因の場合もあります。

 

まず、口臭の原因を突き止めるためには、ご自身がどちらの状態であるかを知る事が重要でしょう。

日常的に口臭が気になるあなたは、悪玉菌の増殖が原因です。

就寝中は、唾液が正常に分泌されていれば、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えてくれるので、口臭は発生しません。

しかし、水分不足のまま就寝してしまうと、朝起きた時の口臭につながるのです。

 

また、歯磨きが原因という可能性もあります。

市販の歯磨き粉は洗浄成分が強すぎる場合があります。

悪玉菌だけでなく、善玉菌までも弱らせてしまいます。

この状態で水分を取らなかった場合、歯磨きをしても悪玉菌が増殖します。

そして翌朝、口臭に悩まされる原因となるのです。

スポンサードリンク

寝起きの口臭を劇的に改善!日々の生活習慣や就寝前の必須対策

悪玉菌の増殖を抑えて、寝起きの口臭を軽減するには、寝る前に水分を摂ることが効果大です。

寝る前にコップ1杯の水を飲むだけでも効果があります。

また、寝る前に塩分が多いお菓子や食事を控えることも重要です。

塩分が多いと喉が乾いてしまいますよね。

寝る前に水分を補給していても体内の塩分に吸収されてしまうため、出来る限り塩分の摂取を控えましょう。

そして、善玉菌に影響がない歯磨き粉を使用することも効果的です。


市販の歯磨き粉では中々探すことが難しいです。

ですので、かかりつけの歯医者などに相談することをおすすめします。

 

寝起きの口臭の原因が、前日飲んだり食べたりしたものが原因の場合は、食事後に口臭サプリを試してみてください。

臭いを元から排除してくれるので、サプリを摂取するタイミングは、食事を摂取した後がおすすめです。

 

また、朝食を毎日きちんと食べることが重要です。

朝食を抜くと唾液の分泌量が減り、自浄作用が期待できません。

そして、空腹のまま午前中を過ごすと、血糖値が下がり、息が臭いやすくなることも。

ヨーグルトやリンゴなどのフルーツを食べて、口臭を軽減しましょう。

特にフルーツは、酸味があり、唾液が沢山出やすくなります。

消臭効果のあるポリフェノールも含まれているためおすすめです。

お勧めのフルーツはリンゴや柿、キウイフルーツです。

日常的に食べていると口臭効果が期待できますので、ぜひ摂取してみてくださいね。

まとめ


口臭の原因は、食習慣以外に水分不足ということが分かりました。

寝る前に水分を摂ると夜中にトイレが心配という方も、コップ1杯の水であればそこまで心配する必要はないでしょう。

寝起きの口臭は1杯の水で解決できるので、ぜひ今晩から試してみてくださいね。

その他の口臭対策も簡単に取り入れることが出来るものばかり。

明日の朝はスッキリした目覚めが期待できることでしょう。

スポンサードリンク