最近耳鳴りがして、気分がすぐれない…

そんな事になってませんか?


ふとした時に耳鳴りがして原因が分からない。

モヤモヤした気持ちのまま、一日を過ごすことは辛いかと思います。

耳鳴りについて原因は何かをお話しましょう。

また耳鳴りが続いている場合は脳に異常がある場合もあります。

耳鳴りが知らせる病気についてもご紹介します。

スポンサードリンク

常に続く金属音の耳鳴り!メンタルストレスが原因の可能性も!?


耳鳴りは、実際に音がしていないにも関わらず、耳や頭から何かが聞こえるように感じる事を指します。

耳鳴りの聞こえ方や発症するタイミングや頻度は人それぞれです。

 

耳鳴りには大きく2種類あることはご存知ですか?

1つは自覚的耳鳴りと言います。

本人だけに音がなっている、と感じるタイプです。

例えば、静かな図書館でシーンという耳鳴りが聞こえる。

そんな場合は生理的なものですので、あまり心配はないとされています。

 

一方、他覚的耳鳴りは、体の何処かに音源があり、他の人でも音を聞くことが出来ます。

耳の周りの筋肉が痙攣することで音が聞こえたりします。

持続的に音が聞こえる場合、血管を通る血液の音が原因ということもあります。

 

音は振動として耳に入ってきます。

振動は内耳という部分で電気信号に変わります。

神経を通って脳に伝わり、音として認識されます。

体のどこかのメカニズムに障害が出てくると、耳鳴りが生じる原因となります。

 

多くは内耳の部分に問題が出てきている場合があります。

ストレスや疲労の蓄積、過労などが原因で耳鳴りが聞こえてきます。

また糖尿病や、高血圧、低血圧などの方も同様に耳鳴りが聞こえることもあります。

内耳に異常が発生すると、高い音が聞こえづらくなります。

 

そうなると脳はどうにかして、高い音を聞き取ろうとして、高い音に過敏に反応します。

そして、普段聞こえない高い音が耳鳴りという形で聞こえてしまう、という仕組みです。

 

またストレスが溜まっていると一時的な耳鳴りの時に聞こえた高い音が、悪い音と脳が認識します。

そして普段気にならないような音も耳鳴りとして聞こえる原因となります。

精神的なストレスは、耳鳴りがするという状態に留まりません。

自律神経の乱れにつながります。

そして、自律神経失調症やメニエール病を発症してしまうことも。

 

これらの病気になると、耳鳴り以外にも、
  • めまい
  • 動悸
  • 偏頭痛
  • 食欲低下
と言ったような様々な症状を引き起こす恐れがあります。

スポンサードリンク

耳鳴りがずっと続いている?もしかしたら脳に異常がある可能性も!


耳鳴りが継続的に続く場合は、内耳の奥部分に脳腫瘍があるという可能性があります。

片耳の前庭神経に腫瘍ができてしまって、片方の耳だけ聞こえが悪くなり、耳鳴りが発生します。

聴神経にできる腫瘍は、初期の段階で気づくことが多いです。

また良性腫瘍の場合が多いので、転移の心配はないとされています。

 

初期症状としては、耳鳴り以外に顔面神経

他には、周辺の血管が圧迫されて起こる、顔面のしびれや痙攣などがあります。

その他にも
  • 動脈瘤
  • 動静脈奇形
  • 聴神経腫瘍
  • 髄膜腫
などの脳の病気の可能性もあります。

脳の異常を疑う目安として、
  •  両耳から耳鳴りがする
  •  手足がしびれる
  •  舌がもつれて話しにくい
  •  激しい頭痛がある
  •  意識がぼーっとする時がある
  •  また回転性のめまいがある
  •  頭のなかで耳鳴りがする
などの特徴ある症状があれば、必ず病院に行きましょう。

耳鳴りの感覚は、本人しか分かりません。

ですので「何日以上続けば」と言いづらいです。

 

ですがあなたが違和感を感じて、生活に支障が出てきたら要注意です。

脳など他の部位の異常が原因でないかを確認してもらうことをおすすめします。

まとめ

一時的な耳鳴りは心配ないことがほとんど。

ですがそれでも耳鳴りの原因はストレスが大きいことが分かっています。

ストレスや不規則な生活、そして、不規則な生活からの生活習慣病など、全てつながって、耳鳴りが起こっています。

 

原因不明の耳鳴りは、まずは始めに、生活習慣を見直してみましょう。

もちろんあなたの生活に何の問題ない場合は、重大な病気がひそんでいる事もあります。

1日も早く病院を受診して原因をつきとめてくださいね。

 

スポンサードリンク