先日お出かけをしたのですが、坂道が多く、足を痛めました。

ひざと足首と足の裏です。

帰宅後シップを貼ったら治りました(^^ゞ

 

足ってなにかと痛くなりますよね。

内臓が悪いと痛い場所もあると、足つぼの紙に書いてありました。

小さい頃に履いた健康サンダルは

くすぐったいだけでしたが、今は痛いんだろうなー。

なんて思ったりする今日この頃です^^;

スポンサードリンク

そんなのはいいんです。

足の裏って痛くなりがちですね?

私は土踏まず周辺です。

でも、足の指の付け根辺りが痛い、というのもたまに聞きますが、あれは要注意なんです!

足で痛くなりやすい部分!

調べてみると、

足の裏でも痛くなる部分によって原因が異なるようでした。

ここで軽く足の裏のどこが痛いか、確かめてみて下さい。
  • つま先
  • 足の親指
  • 足の小指
  • 足指の付け根
  • 土踏まず周辺
  • かかと周辺
つま先は、はるか昔に痛くなったことがあるんです。


成長痛でしたので、もし若くて足が痛いのなら、これの可能性もありますよ。

知り合いのお子さんの足が痛いなら、成長痛の可能性を教えてあげて下さい。

 

私は周りにそんなことを教えてくれる方がいなくて…

「悪い病気かも」

と怯えながら病院へいったんですが、教えてもらえたら、どんなに気が楽だったでしょう。

足指の付け根が痛いなら!こんな原因が考えられる!

もし足が変形していて足の指も痛いなら、外反母趾を疑って。


親戚に外反母趾の方がいましたが、ひし形。

すごかったです。

「昔は痛かったけれど、今は痛くないよー」

と笑っていました。

笑い事ではない気もしますが、本人がいいならいいのかな。

 

もし、親指の付け根が痛いなら、種子骨炎を疑いましょう。

種子骨炎というのは簡単にいうと、

親指の付け根に頻繁に、物凄く力をかけたりするとなります。

 

歩き出すときに足指の付け根が痛いなら、中足骨頭痛かも。

土踏まずが深い方は特に要注意!


歩くときにまず人差し指や中指の付け根が地面に当たって、痛めやすいんです。

あとは加齢や病気で足のクッションがなくなったときにも、足指の付け根が痛くなったりします。

足の裏も痛いかも?

そうなったら、
真っ先に病院を受診してください(>_<)

スポンサードリンク

足指の付け根の痛みを放置していると取り返しがつかない事にも!?

「でも我慢できる痛さだし・・・」

と病院へ行かない方って多いですが、それは要注意です!

痛さを我慢しているとしびれたり、症状が悪化するかも。

 

さらに、痛い場所の原因を上記のものだと決め付けても、実は骨折だとか、骨にひびが入っている、なんてケースもあります。

また人は無意識に、痛くない部分に体重をかけがちです。

そうすると痛くなかった部分まで痛めてしまうことになり、結果歩くのが困難になったり、太ってしまったりします。

 

太ってしまうと、杖でも体重を支えきれないので、結局不便な車椅子での生活になりますよ。

ですから、少しでも足に異変があれば、受診してください。

早めの処置でどうにかなるなら、それが一番です。

病院って大切!早めの受診を!

何を隠そう。

私も病院へ行きたがらない人間です。

でも、

「なんだか咳がひどいな、でも風邪だろうしほっとこう」

と思った結果、動けなくなり、手遅れの肺炎で入院しました…。

当時は20代前半。

その年の誕生日は病院で過ごしました。

 

それ以来、症状のことはちゃんと調べてます。

安心できない場合や、風邪薬が効かない風邪や、わけのわからない症状だと、必ず、病院を受診することにしています。

きちんとお野菜も意識してとっていますよ!

まとめ

いかがでしょうか?

病気には、こわい痛風も入っていますよ。

他の病気は、受診しないと分かりません。

でも通風に限定しますと、今は郵送で検査してくれるキットもあります。

「痛風かも?でも病院へ行く時間がないな・・・」

と思っているようなら、そちらを活用してみてはいかがでしょう?

 

以上、参考になれば幸いです(^^)

スポンサードリンク