季節の変わり目に、体調を崩した事は誰もが一度は経験している事でしょう。


気温の変動の大きさや湿度の急激な変化は、どれだけ健康な方でもだるさを感じたりするものです。

特に30代の女性であれば、なおさら季節の変わりの気候変動に対応しにくいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

消化器症状が起きるのは自律神経の異常かも?

冬から春への季節の変わり目や夏から秋の季節の変わり目などは、気温の変動も大きく、湿度の変化も大きいのが特徴的です。

そうなると誰にでも起こるのが、体の不調です。

季節の変わり目に風邪をひく方も多いと思います。

中には、
  • 体がだるい
  • 頭痛がする
  • 食欲がない
  • 下痢になる
など症状も様々です。

季節の変わり目は、意外と自律神経を乱す原因を作りやすい状態になっています。

 

特に春先は、就職 進学など一大イベントも多い季節です。

神経をかなり使う状態の所に気温の温度差が激しい為に体を維持する機能がかなり負担になってきます。

 

そうなると、自律神経失調症やそれに似た症状を訴えることが多くなります。

自律神経と消化器系統の臓器は直結しています。

ですからダイレクトに症状を訴える事になってしまいます。

自律神経の乱れが原因の症状

ここからは自律神経の乱れによって生じる様々な症状について順にお伝えします。

1.自律神経失調症

心のトラブルを引き起こしやすく、
  • 吐き気やだるさ
  • 食欲不振
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 動悸
  • 息切れ
  • 不整脈
と様々な症状を訴えます。

2.神経性腸炎


精神的ストレスや過労が原因で起こる胃炎です。

自律神経が乱れることで胃酸が多く分泌されて、
  • 胃が痛む
  • 胸焼けがする
などを起こしてしまいます。

食欲不振にも繋がっていきます。

3.過敏性腸症候群

ストレスによる、自律神経の乱れが原因と言われるもの。

腸の運動に異常が起こり、腹痛や下痢・便秘を引き起こします。

 

下痢が続いたりして、検査をしても問題がない、と診断されるケースが多いのも特徴的です。

自律神経が乱れてしまうとこれ以外にも様々な症状を訴えます。

季節の変わり目には特段の注意を払う必要性があります。

スポンサードリンク

冷えに注意!食欲不振や下痢の予防や改善法

季節の変わり目に食欲不振や下痢を起こす原因はストレスからくる自律神経の乱れ、という事がわかったと思います。


では、どうすればこの食欲不振や下痢を予防する事が出来るのでしょうか?

この様な時に体を冷やすのはもっての他

ですから、冷たい食事や、飲み物を避けるのは当然です。

 

また、お風呂に関してもシャワーだけですますと体を冷やしてしまいます。

ですので湯船に浸かることが心身共に大事になります。

考えられる予防や対策法

では、ここから自分でも出来る予防方法や対策について詳しくお伝えしていきますね(^^)

1.ストレスケア

中には、

「精神的ストレスに強くなれ!」

なんて事が書かれている本などもありますが、これは正直無理です。

 

自律神経が乱れている時にはどうしても気分は落ち込みがちになります。

ストレス状態を解放する方向性にもっていくしか方法はありません。

自分なりのリラックス方法を見つける事が優先です。

2.生活習慣を見直す

自律神経が乱れる原因は外的要因の他に心理的側面も大きいです。

規則正しい生活を送る事が重要になってきます。

早寝早起きがベストですが、毎日にリズムを作るために、休日でも平日と同じ時間に起きる、と言ったことから始めましょう。

3.適度な運動

精神的落ち込んでいる時には、体を動かす気もなくなってしまいます。

ですがここはあえて、散歩程度でも構わないので運動をする事が重要になります。

歩く事が意外とストレス発散には最適な所もあります。

買い物ついでにちょっと遠回りでもいいのではないでしょうか。

4.病院に行く

これは、最終手段としての切り札です。

どれだけ何をやっても食欲不振や下痢などが治まらないし、ストレスも発散出来ない状態であれば、病院へ行きましょう。

症状に合わせて診療科を受診する事が重要になります。

診察して何もなければ安心しますから、多少のストレスの解消にもなります。

まとめ

食欲不振や下痢が続く場合の原因や予防などを紹介してきました。

季節の変わり目ほど自律神経に酷な時はありません。

特に会社勤めをしているならなおさらです。

気温の変動で体調がすぐれない所に会社でのストレスがのしかかってくるわけですから、自律神経もパンクしてしまいます。

 

ストレスとうまく付き合うのが一番なのですが、オーバーフローしてしまった場合にはどうする事も出来ません。

自分なりのストレス解消法や予防策を見つけておく事がキーポイントになってきますね。

 

スポンサードリンク