職場の車を1年点検に出している時の事です。
ディーラーの方が一言。
「そろそろタイヤ交換が必要ですね~」

思えばこの車を購入してから3年が経とうとしていました。
ほぼ毎日、利用者さんを乗せて走っています。
「そう言われればそうかな。」と思い、

タイヤをチェックしてみると…

「こりゃ駄目だ!すぐ交換して下さい。」とお願いしました(^^;


スポンサードリンク




車のタイヤ交換にはあるチェックポイントがあってそれを目安に交換時期か判断しているんですね。

それが以下の3つ。
  1. スリップサインが出ているか?
  2. タイヤにヒビが入っていないか?
  3. タイヤの使用年数。
私はこの3つを基準にタイヤ交換するべきか考えています。

 

次ではこれらのポイントについて詳しくお伝えしますね♪

3つのチェックポイントを見るだけ!

実際に私が確認した事はタイヤを見るだけで分かる事ですので、プロの整備士さんでなくても判断できます。
要するに誰でも目視で確認できるということ。
では詳しく解説します。

スリップサイン

スリップサインは要するにタイヤの溝が減ってきてるかを確認する基準です。
溝がすり減っていると、単純に滑りやすくなります。
自転車とか車いすでもそうですよね。

 

基準としては1.6mm以下になると車検が通りませんので、すぐに交換するべきです。
目安としては2mm~3mmで交換する事をおススメします。

 

ちなみに新しいタイヤでは8mmあります。
溝の深さはスタンドなどで計ってもらうのが一番早いです。

タイヤのヒビ

タイヤのヒビは経年劣化によるものです。
これも小さいヒビが入っていないか見てみるとわかります。
タイヤの内側に小さいヒビが見つかったら要注意。

ヒビの原因としてはタイヤの空気圧の不足、道路の熱や紫外線による劣化、
縁石に乗り上げた時にかかる過加重などがあります。

使用年数

タイヤは全く走っていなくてもだんだん劣化してきます。
理由としてはタイヤには作られた時にひび割れを防ぐ油分が入っているのですが、それがだんだん抜けていくようになります。
そうなると仮に置きっぱなしにしていてもタイヤのゴムが固くなり、傷んでくるというワケですね。

使用年数はタイヤに表示されている数字を見ればわかります。

スポンサードリンク




実際に確認してみた。

それでは私が実際に確認したケースをご紹介します。

s_DSC_0224-300x169
まずコチラがその車両ですね。購入してから3年近くたっています。

s_DSC_0225-300x169
パッと見てそんなに危ない感じはしませんが…

s_DSC_02271-246x200
よく見ると、タイヤがツルツルです( ゚Д゚)
スリップサインが出ているのが確認できます。
溝を計ってもらったら、1.8mmでした(汗)
車検ギリギリです…

 

別の職員が最近、ブレーキの利きが悪いと言っていましたが、原因はタイヤがすり減っているので、制動距離が伸びている事だとわかりました。

早速交換してもらいました♪

s_DSC_0238-246x200
交換前の写真と比べてもらえたら一目瞭然かと思います。

s_DSC_0240-300x169
新しいタイヤってこんなに溝が深かったんですね~
ピカピカのタイヤって気分がいいものです♪

最後に

タイヤの交換についての一連の流れをお伝えしてきました。

ココでまとめると、
  • スリップサインが出たら即交換。溝は2~3mmで交換がベスト。
  • ヒビは小さいものが出始めると要注意。大きいヒビはバーストの危険性がある。
  • 使用年数は3年~4年を目安に交換を検討する。
 

仮にこれらのポイントを無視して走行を続けていると、まず車検に通りません(汗)
カーブや高速道路を走っている時にバーストするかもしれません。

大きな事故につかがる危険性がありますので、早期発見したら早めの交換をしましょう。



これを機にタイヤの交換をお考えの方はコチラの記事が役立つかと思います(^^)

⇒車のタイヤ交換!値段を安くする方法はコチラ!


車のお手入れは正直面倒だし、まだ大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、私がいつも思っているのは人の命をのせているという事。

仕事上、利用者さんを乗せて走っていますので、その責任を一層重く受け止めています。

責任を果たす上でまず自分が出来る事の一つに車の整備があります。

 

あなたもご家族や、会社の人など大切な人を乗せて走っていると思います。
もちろん自分の命も。

 

事故を起こさないためにも、タイヤのチェックしてみて下さい。
この記事がお役にたちましたらなによりです。