自分の車を購入したり、仕事の車を運転するようになった等、車両の管理する立場になると、車のメンテナンスが気になりますよね。

その中で一つ確認しておきたいことが「エンジンの寿命」です。

 

エンジンは車の中でも最重要な部品ですので、「実際どのくらい持つのか?」これを知っておく事は非常に重要かと思います。

 

あまり車の事に詳しくない方でもわかるようなおおよその目安というのがありますので、今回はそこを重点的に調べてしました。

ポイントは走行距離です。


スポンサードリンク




エンジンの寿命は?

PEZ86_torihazusaretabuhin500-246x200
一般的に走行距離が10万キロ~15万キロが寿命と言われています。

この位走るとエンジンに何らかの異常が見つかるようです。

さらに日本人が1台の車に乗っている期間は平均して7~8年です。

 

10万キロ…

1年に1万キロ走ったとして、毎日30キロ計算で到達する数字ですね。

通勤が遠方の方であれば、その位の走行距離にはいくと思いますので、約10年でエンジンの寿命が来ちゃう事になります。

 

ただ、実際の所どうなんでしょう!?

一例として、日本自動車工業会という所の取り決めでは30万キロまで大丈夫との見解もありました。

また日頃お世話になっている整備士さんに話しを聞くと、普通乗用車で17年ほど乗用しており、最高35万キロまで走っていたという事例もあるようです(^_^.)

 

あくまで平均的、一般的なデータとして10万キロ~15万キロといっているのでしょう。

私は仕事上でたくさんの車を管理する立場にありますので、自分で1台1台調べてみました。

 

なんと12台中5台が10万キロオーバーしていました(汗)

しかも軽く10年超えちゃってます…

 

でもですね、問題なく今日も送迎車両として動いてくれています。

不具合や不安な面はほとんどありません。

もちろん車検や1年点検などはキチンと実施していますよ(^^)

必要最低限のお手入れをしていれば10万キロを超えても問題なく走行できるといえますね。

 

ここまでエンジンの寿命についてお伝えしてきましたが、中には

「せっかく買った車だから出来るだけ長く乗りたい」

とお思いの方もいるでしょう。

そこで今度は誰でもできる寿命を延ばす為のお手入れ方法をご紹介します♪

スポンサードリンク




エンジンの寿命を延ばすには!?

まずお伝えしたい事はエンジンも部品の1つなので、使用するとだんだん劣化してくるという事です。
なのでその劣化を防ぐために出来る事をやっていきましょうというワケです。

具体的にはエンジンをキレイなままの状態で使う為にエンジンオイルの交換を定期的に行う事になります。

 

自分で出来る方もいらっしゃるでしょうし、できないという方は

「ガソリンスタンドでオイル交換お願いします。」

と言うだけで喜んで店員さんが換えてくれるはずです(^^)

2015y02m09d_224042477-262x300
ポイントは高性能(質の高い)エンジンオイルを使用する事。

専門的に言うと部分合成油や化学合成油を使っているタイプが良いでしょう。

ちなみに一般的なオイルは鉱物油と言われる比較的安価なモノです。

 

エンジンオイルの交換には大体5000円位が相場ですが、質の高いオイルだと8000円位するでしょう。

 

気になるのはどの位の頻度で交換するべきか?

という所ですが、一般的には5000キロ走ったら交換の目安と思ってもらうと良いです。

 

車検や点検の際に

「エンジンオイルが汚れていますので交換した方がいいですね。」

と店員に言われたことがありませんか?
仕事で使っている送迎車がそう言われた時は大体5000キロから8000キロ走っている場合が多かったですね。

 

エンジンオイルをしないと燃費も悪くなりますし、エンジンもだんだん汚れてきます。

5000キロといえば大体半年~1年の期間になりますので、車を大事に扱いたいなら外側だけでなく内面のお手入れをする意味でオイル交換は必要なケアと言えます。

長く乗りたいのか?定期的に乗り換えるのか?

これまでエンジンの寿命とそれを延ばす為のポイントをお伝えしてきました。

 

まとめると、

車のエンジンは最低でも10万キロは走る力があり、オイル交換など定期的なメンテナンスを行うと、20万、30万キロと走行する事が可能。

となります。

 

要するにどこまでも乗ろうと思えば乗れるワケなんですね。
大事に扱う事で部品などが製造中止にでもならない限り、日本製の車は優秀ですのでそう簡単には壊れない事が分かりました。

 

ただ、長く乗るという事はその分維持費もかかるようになります。

どうしても新しい車よりも故障やメンテが必要になってきますので、修理代に1回10万とか20万かかるケースもあります(汗)

 

そう考えると私は年間10万の維持費をかけてずっと古い車に乗るよりも定期的に新しい車種に鞍替えしていく方が良い気がします(*´ω`)
いまは残価設定型のローンで月々2万くらいでも新車が買える時代です。

5、6年乗ったらまたそのローン制度で新しい車に乗り換える。

ずっとローンは払う事になりますが、維持費が段々高くなる前に新車に乗り換えれば修理や部品のトラブルにあう可能性も低くなりますよね♪

 

私は新しいモノ好きですから、このやり方で車を購入しています。

4、5年もたてば車は劇的に進化していますので、常に最新の設備を備えた車に乗っていたいと思うのは自然な事であると思います。

 

まあ、見事にディーラーのセールス戦略にはまっているワケですが…^_^;

 

クラシックカーや本当に車が好きな方は愛着がありますので、高い維持費をかけてでも乗りたい物でしょう。

私もそういった車にめぐり会いたいものですが、今のところその予定はなさそうです…

 

もしそういった車を手に入れたら、今回お話したように少しでも長くその車に乗れるようエンジンのお手入れをしていこうと思います。