コーヒーが大好きで、毎日コーヒーを飲んでいるあなた。

毎日飲むなら、より美味しいコーヒーを飲みたいと思っていませんか?

コーヒーの中でもエスプレッソが好きな方は、飲み方についても考えたことがあるでしょうか?


 

日本人が、実は知らない間に行っているNGエスプレッソについてご紹介しましょう。

また、本場イタリアのエスプレッソ流儀についてもお話ししていきます。


日本人は間違っている!知らないうちにやっているNGエスプレッソ

エスプレッソは、日本ではあまり積極的に飲む方は少ないかと思います。

なぜなら苦味が強いからです。

また量も、他のコーヒーに比べて少ないので、

飲むには「物足りない」と感じてしまうからです。

 

エスプレッソは「飲む」という考え方が間違っているのです。

エスプレッソは、本来嗜むものなのです。

 

エスプレッソは、蒸気に高めの圧をかけて短時間で抽出するため濃厚で苦味が強い風味となります。

そして、深煎りコーヒー豆を使用し、短時間で抽出するためカフェインの含有量は普通のドリップコーヒーよりも実は少ないことをご存知でしたか?

 

そんなエスプレッソを、たまに注文した時に日本人がやってしまうNG行為としては…
  • まず砂糖を入れない
  • 入れても少量で済ませる
こうしてエスプレッソを飲むことは誤っています。

 

そして、砂糖を入れた後、ぐるぐると砂糖が溶けるまで混ぜ続けることも実は誤った飲み方なんですよ。

混ぜたとしても、量が少ないエスプレッソですから、底に砂糖が残っているかもしれませんよね。

その砂糖をそのままにしておくことも実は、日本人が知らない本場のエスプレッソの飲み方なのです。

 

また、エスプレッソのカップは通常よりも小さい事が多いですが、

そのエスプレッソを通常のコーヒーと同様にゆっくりじっくり飲むことも間違っているのですよ。

 

では、本場イタリアでは、どのようにエスプレッソを飲んでいるか?

お話していきましょう。

スポンサードリンク

本場イタリアのエスプレッソ流儀とは?!

日本では、多くのレストランなどで食後にコーヒーが出てくるかと思います。

アイスコーヒーやホットコーヒー、またカフェラテやカプチーノなど選択肢も様々かと思います。

 

しかし、イタリア人はエスプレッソしか飲みません

他のコーヒーはミルクが入っており、お腹に残ってしまうからです。

そしてエスプレッソを注文したら、砂糖を大量に投入して飲むことが常識です。


 

また、投入した砂糖を混ぜすぎないことが重要です。

エスプレッソの上にある泡がなくなってしまうと、

せっかくコーヒーを抽出した時に出てくるエスプレッソならではのアロマが空気中に放出され、飲む時に楽しむことが出来ないのです。

 

また、エスプレッソを飲む時は、もともと少ない量を少しずつ嗜むのではなく、グイッと二口ほどで飲んでしまう事が重要です。

熱々のエスプレッソが一番美味しい状態だからです。

 

溶け残りの砂糖をスプーンで食べることも楽しみの一つなのですよ。

砂糖にエスプレッソの酸味と苦味が加わり、とても美味しく感じることでしょう。

 

日本ではブラックコーヒーを飲むほうが、なんだか大人な感じがしますよね。

本場イタリアの方は、エスプレッソに大量の砂糖を入れて、苦味と甘味のバランスを楽しむことが普通なのです。

 

そして、エスプレッソをより楽しむためには、甘いものと一緒に飲むことがおすすめです。

エスプレッソがもつ苦味と旨味が、お菓子の甘みをより引き立ててくれます。

日本ではあまり売っていない、甘いピーナッツバターチョコレートが海外でよく売られているのは、エスプレッソと一緒に食べることを目的にしているかもしれませんね。

 

まとめ


エスプレッソの正しい飲み方についてお伝えしてきました。

まとめると、
  • 砂糖を大量に入れる
  • 砂糖は混ぜすぎない
  • グイッと二口位で飲む
  • 甘いものと一緒に♪
となります。

コレで今までより美味しくエスプレッソを味わえますよ(>_<)

 

エスプレッソは、普段はあまり注文しない人も多いと思います。

でも飲み方を理解すれば、飲んでみたいと思い始めていませんか?

普通のコーヒーを嗜むのも良いですが、たまにはエスプレッソを注文していつもと違う食後を楽しんではいかがでしょうか(^^)

 

スポンサードリンク