お米のおいしい新米の季節がやってきました。

米、一粒一粒がピンと立って味わえる香りと甘みはまさに大地の恵みです。

s_2015y01m04d_230025061-150x142
我が家では親戚から新米を頂けるのですごくありがたいのですが、せっかくの新米。

少しも無駄にせずおいしく食べたいものです。

そこで、自分で米を研ぐ際にどうすればおいしく炊き上がるのか調べてみました。

色々研ぎ方はあるみたいですが、多くの方が取り入れているやり方をお伝えしようと思います。
日頃お忙しい方でもそれほど手間のかからない(むしろ手間をかけてはいけない)研ぎ方で、あるコツをおさえる事でおいしく頂ける方法です!


スポンサードリンク



お米がおいしくなる研ぎ方、そのコツは?

研ぎ方のコツは

「お米を研ぎすぎない」ことです。

 

お米を研ぎすぎると、お米に含まれる栄養素も一緒に洗い流してしまう事になり、もったいないです。

もちろん、全然洗わないとぬかの匂いや汚れ、ホコリが落ちませんので、

せっかくのお米のよい香りが立たなくなってしまいますが、10回も20回も洗う必要はないです。

 

私は以前

「お米を研ぎ汁が透明になるまで研がなければならない。」

と思っていて、白く濁らない所まで、何回も研いで、水で流していました。

 

しかし、それはまさに栄養素をすべて流している行為だったのです。

わざわざ時間と労力をかけて、もったいない事をやっていたのです^^;

それをテレビでしった時はすごいショックでした。

 

おいしいと感じていたのは、完全に自己満足だったようです(-_-;)

 

お米を研ぎ方にも注意が必要です。

力を入れてお米を握ると、水をたくさん含んで、炊き上がった時に米が割れやすくなります。
特に男性の方はギュッギュッと握って研ぐことに一生懸命になりがちですが、良いことはありませんのでご注意を。

 

洗う事と研ぐ事はやりすぎるととても残念な事になりますので、程よくやることが一番おいしく頂けるコツです。

「じゃあ、どの位が程よいといえるの?」

という疑問が出てくると思いますので、

実際にやってみました。

スポンサードリンク




お米は何回研げばいいのか?

私が、いつもやっているお米の研ぎ方をお伝えしていきます!

①まずお米を入れます。我が家はいつも2合ずつ炊きます。

DSC_0002
 

②次に、お米を洗うのですが、出来ればミネラルウォーターを使って洗うと良いです。
お米は研ぐときに水分を吸収するので、綺麗なお水がいいというワケです。

汚れを落とすつもりで、10秒くらい洗ったら、お水は直ぐに捨てます。
(少しもったいない気がするけど…)

 

③捨てたらいよいよお米を研いでいきますが、
手の形がポイント!ボールを握るイメージで手の形を作り、
そのまま時計回りに回していきます。

DSC_0008
 

④大体10秒ほど回したら、お米が浸るくらいに水を足して、
白く濁った水を捨てます。

そして、またシャカシャカ10秒研いでいきます。

 

⑤この作業を5回繰り返してください。

すると、このように水が半透明くらいになります。

 

1回目と比べるとほとんど白く濁った感じはなくなります。
この位でちょうど良いです。

 

先ほどもお伝えしましたが、
完全に透明になるまで研ぐ必要はありません。

最後に、2合分までのお水を入れて、
1時間くらい置いてから、炊きます。
時間を置く理由はお米にしっかりと水分を含ませる為です。

 

以上が、お米の研ぎ方になります。

ポイントは5回研ぐ、水で流すを繰り返すこと。
汚れをしっかり落として、栄養素も逃がさないようにするには、
この回数がベストです!

余談ですが、お米を研いだ後の白いとぎ汁は色々な所で
再利用できるようです。

まとめ

お米をおいしく頂くために「米の研ぎ方」についてお伝えしてきました。

白く濁ったままだと、汚れが残っている気がする方もいらっしゃると思いますが、そこはグッと我慢!水が透明になるまで洗うと時間も掛かって大変です。
おいしく炊くには5回しっかり研ぐ!それで汚れや糠は落ちますのでこのやり方でよいのです(^^)

「今まで、研ぎすぎていたな。」

と思われた方は、是非今回のやり方を試してみてはいかがでしょう!?