9月の第三月曜日は、敬老の日です。

おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを贈るという方も多いですよね。

 

その時、プレゼントに添えるメッセージも大切なアイテムです。

私はこどもの頃、押し花をしたハガキにメッセージを書いて、おじいちゃんとおばあちゃんに贈ったことがあります。

とても喜んで、飾ってくれていたのを思い出します。

スポンサードリンク


せっかくプレゼントするので少しでも喜んでもらえるようにメッセージに心を込めることも大事。

いやむしろ、伝える文章が大事ともいえます!

 

では、どのようなメッセージが喜ばれるのか?

ここでは具体的にどういった文例があるのかご紹介したいと思います♪

 

メッセージカードの例文


贈る相手や立場はさまざまです。

色々なシチュエーションを考えて、ここでは例文を3パターンご紹介します。

例文①:離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんへ、孫から

おじいちゃん、おばあちゃん、敬老の日おめでとう!

夏休みにおじいちゃんとおばあちゃんの家に泊まりに行った時、庭でスイカを食べて、花火をしたことがとっても楽しかったです!

今度は、前に話していた遊園地に一緒に行こうね!

いつまでも元気でいてね!

例文②:両親へ、こどもから

お父さん、お母さん、敬老の日おめでとうございます。

いつも私たちを支えて下さって、ありがとうございます。

お二人のように健康で、仲良く歳を重ねていくことが、私たちにとっての憧れです。

これから親孝行していきますので、いつまでも健康でいて下さいね。

例文③:家族以外の高齢の方へ

健やかに敬老の日を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。

日頃からアドバイスをいただき、人生の大先輩にいつも感謝しております。

これからも何かとお教えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

寒暖の差が激しくなってまいりました。ご自愛くださいませ。



スポンサードリンク

例文の解説・ポイント

誕生日でも記念日でもないのに「おめでとう」??

一瞬違和感を感じますが、そもそも敬老の日とは「老人を敬愛し、長寿を祝う日」なので「敬老の日、おめでとう!」の書き出しで良いんですね(^^)

 

文例をより詳しく見ていきましょう(^^)

例文①:離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんへ、孫から

おじいちゃんやおばあちゃんとの思い出や、その時のお礼を書くと

「あの時、喜んでくれたんだなぁ~」

と、おじいちゃんたちも嬉しいはずです。

学校での出来事や、テストで100点を取ったなど、近況報告とともに、写真を一緒に送るのも良いですね。

 

そして、「次また会いに行く」という具体的な内容もあるとより一層楽しみに待っていてくれるでしょう(^^)

最後に、こどもの素直な気持ちで、「長生きしてほしい」ということを伝えると、おじいちゃんやおばあちゃんも喜んでくれるはずです。

例文②:両親へ、こどもから

自分の両親か、義両親かによって、多少、言葉使いや内容も変わると思います。

しかし、共通して言えるのは、いつも感謝している、尊敬しているということです。

 

あまり「老い」や「敬老」ということを強調しすぎると、嫌な気持ちにさせてしまうこともあるので、注意が必要です。

普段なかなか言えない気持ちを、ぜひこの機会に伝えて下さい。

例文③:家族以外の高齢の方へ

内容も大切ですが、メッセージカードやプレゼント選びにも気を配る必要があります。

高齢だからと、地味すぎると失礼です。

 

逆に、あまりポップで馴れ馴れしいものも、嫌がられる場合があるので、落ち着いた中にも上品さのある物が良いでしょう。

言葉使いに注意して、丁寧な文章を心がけるときれいにまとまります。

 

まとめ


「敬老の日」というと、自分のおじいちゃんやおばあちゃんに、メッセージやプレゼントを贈るイメージが強かったのですが、相手にこだわる必要はないのですね。

 

両親や日ごろお世話になっている方、デイサービスの利用者さんなど、贈る相手はさまざまです。

 

私はデイケアサービスの利用者さんと良く接する機会があるのですが、やはりみなさん老人扱いされるのは毛嫌いしますね(^_^;)

まだまだ、心はフレッシュで体も積極的に動かしていく方が多いので、

あまり「おじいちゃん・おばあちゃん」として接すると怒るかたもいます。

 

特にこの世代の方々は手紙というものを非常に大切にされます。

だから、心をこめて書く必要があるんですね。。

 

難しく考えずに、日頃の感謝の気持ちと尊敬の念をあなたの言葉で書くことが大事。

自分の子供がおばあちゃん・おじいちゃんに書くときもしっかりその説明をしてあげて下さい(^^)

 

また、なにか大変お世話になったけど、お礼をするタイミングがなかった方に、品物を贈るチャンスでもありますね!

相手が誰であれ、大切なのは気持ちを素直に伝えること。

 

あまり形式にこだわらず、自分の言葉でメッセージを贈りましょう。

きっと喜んでもらえて、これからの励みになるに違いありません。

 

以上、参考にしてみて下さい(^^)

スポンサードリンク