先日、初めてハーフマラソンに挑戦してきました‼

21キロと初心者ランナーには長い道のりでしたが、何とか完走する事が出来ましたよ(^-^)


 

ですが、決して楽勝で走れたわけではありません(汗)

ちなみにタイムは2時間10分

平均して1キロ約6分10秒といったところですね。


 

初めてにしてはまぁまぁかなと(笑)

私なりに一生懸命走った結果なので、不満はないのですが、もっとこうしておけば良かったな。

と言う点がいくつかありましたのでそれをお伝えしたいと思います。

自分のペースで完走を目指している方のお役に立てれば幸いです♪

スポンサードリンク

注意すべき3つのポイント

私は普段週に1回の練習を行っています。

そのときのペースはだいたい1キロ6分から6分30秒

そのペースで10キロ走ります。

これが現在、無理なく走れている状態です。

なので、本番でも1キロ6分30秒くらいで走ることを目標としました。

ですが、なかなか順風満帆というワケにはいきませんでしたね(^0^;)

実際に走ってみて感じたことが次の3つです。
  • 練習通りにはいかない
  • 14キロ付近に注意
  • 股ずれに注意
それぞれ詳しく見てきますね!

練習通りにはいかない

これはペース配分の事です。

実際にレースに参加すると分かりますが、たくさんのランナーと一緒に走るということは、自分の普段のペースを守ることが難しくなりやすいです…

特に5キロまでの序盤がそうですね。

皆さんまだまだ体力が余っているから、結構スイスイ走って行きます。

やはりどうしてもみんなテンション上がっちゃってるんですね~

それに釣られて自分のピッチも早くなりがち。

 

ちなみに私も抑えていたつもりでしたが…

7キロ地点でのペースがコチラ


 

明らかにオーバーペースです。。

これに気づいて慌ててペースを落としました(^^ゞ

でも、ココでしっかり自分のペースを守らないと終盤(15キロ過ぎ)になってしんどい思いをします(;´Д`)

後でごぼう抜きするためにも最初は特にペース配分に気をつけましょう。

14キロ付近から要注意!


これは先ほどのペース配分を間違えた為に、私が公開した地点がちょうど14キロ付近だったと言うことです。

どういう事かと申しますと、

急に足が重くなってきたんです(;´Д`)

それまでは、結構余力があって

「なんだ、まだまだイケるじゃん!」

と思っていたのですが、筋肉が固くなってくるというか、足が棒になってくる感覚になりました…

 

やはり10キロまでしかトレーニングしていないせいかと思いましたが、ベテランのランナーさんに後からその話をすると

「おそらく、スタミナ切れじゃないかな?」

そう言われました。

私はあまり、水分や給食をとらずに走るタイプで給水も4キロと8キロ地点で軽く口をゆすいだ位で済ませていました。

コースの途中にはバナナや黒糖飴など

エネルギー補給の為に給食が用意されていたのですが、

食べると横っ腹が痛くなった経験があったので、食べ物は一切口にしなかったんですね。

おそらく、コレがいけなかったんだと思います。

 

自分の中ではまだ大丈夫だと思っていても、身体とのズレが生じます。

後で水分や食料を補給しても、手遅れになるケースがあるということですね。

つまり、利用できる所でこまめに摂取しておく必要があると学びました。

ハーフマラソンやフルマラソンでは必ず忘れてはいけないポイントです。

股ずれに注意

これは走っている時にはそれほど感じなかったのですが、

ゴールしてから股間がヒリヒリするのに気がつきました。

長時間走り続けたことで、どうやら股ずれを起こしてしまったようです。

これがまたお風呂に入るときにたまらなくイタかったです(T_T)

 

10キロの練習ではなかった事だったので正直予想外でした。

これがフルマラソンだったら途中で痛くなってきて大変だったろうと思います。

ハーフでよかった(^▽^)

と言ってしまっては何にもならないので、次回からはかならすワセリンを塗るようにアドバイスを頂きました。

要は太ももとスパッツの間で股ずれを起こすので、その摩擦を減らすために、前もってワセリンを塗っておけば対策としては十分かと思います。



私はこちらの商品を使うようにしました。

ワセリンの様にベタベタしないので、手洗いする必要がありませんので、レースの直前でも使用できます♪

⇒ミズノボルダースポーツの詳細はコチラ

先輩ランナーのある方はピチッとしたボクサータイプのパンツを履いて、さらにスパッツを着用すると言っていました。

それくらい股ずれになるとレースどころではなくなる可能性があるという事ですね(汗)




この様に、完走はなんとか出来たものの、決して簡単なハーフマラソンではなかった事がお分かりいただけたと思います(^_^;)

こういった体験はやはり一度走ってみないと分からないもので、次回の教訓としたいところですが、実は予め準備しておいて良かったと感じる点もいくつかありました。

私なりに用意しておいた物が役に立ったと言うことですね。

次ではその事について詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

これはやっておいて良かったポイント

私が準備しておいて良かったと思ったポイントは次の2つになります。
  • サングラス
  • 手袋

サングラスはランナーの必需品


 

サングラスは風よけ防止の為と、紫外線対策です。

私はコンタクトレンズを着用しているので、ドライアイになりやすい傾向にありました。

ハーフマラソンは2時間の長丁場なので、目が乾燥しないためにもサングラスはおすすめです(^^)

「そんなに速くもないのにサングラスなんて…」

最初は私もそう思っていましたが、

サングラスは紫外線の吸収を防いでくれる効果もあるので、

長い時間走るのであれば尚更使うべきだと思います。

それに、10人中4人くらいはサングラスしているので、それほど恥ずかしい事でもないですよ~

ちなみに私が愛用しているサングラスはオークリーというメーカーの物です。

走っていても全くズレませんので、常に使用しています♪



⇒オークリースポーツサングラスの詳細はコチラ

温まってきてもも手だけは要注意

写真

手袋は単純に寒さ対策です。

手の先ってやっぱり末端なので冷えやすいんですよね(^_^;)

この日は気温12度、湿度35%、天気は晴れのコンディション。

2月の割には暖かい方でしたがやはり手袋は必要だと感じました。

走っていると身体は暖まって汗が大量に出ますけど、手の先までは暖かくならないんですよね…

晴れの日でも日陰に入ると風は冷たいですし、指先は末端なのですぐに冷えてきます。

実際に手袋をしていて丁度良い位の感覚でしたので、冬場のマラソンには必需品かと思います。

 

最後に

私は週に1回1時間で約10キロ走る練習を積み重ねてきました。

それ以上の距離はトレーニングではやったことなかったんですね。

走らない日は筋トレをやっていただけ。

振り返ってみると、股ずれや筋肉の疲労はありましたが、それでも止まったりせずに、平均して1キロ6分10秒のペースでゴール出来ました。

つまり、週一の練習でも本番ちょっと頑張れば完走できるということ。

 

これは私の中でちょっとした自信につながりました。

「毎日、追い詰めて頑張らなくてもしっかり完走できるんだな。」

走り終わったあとはそういった満足感もありましたね(^^)

もちろん、上を目指せばタイムなどもまだまだですが、

初心者でもハーフマラソンは全然いける!

これが分かっただけでも良かったと思います。

 

後は、今回の経験を踏まえて、

注意すべき3つの事とやっておいて良かったポイントを来年に生かして、また頑張ろうと思います。

これからハーフマラソンに挑戦する方にとって参考になれば幸いです(^_^)v

 

今回参加した大会は人吉春風マラソン

ちなみに、今回私が参加した大会は「人吉春風マラソン」

熊本県人吉市で毎年開催されているマラソン大会です。


 

参加人数も5000名とちょうど良い規模の大会です。

人吉市は温泉街でもあるので、走り終わった後の温泉は格別ですよ♪

参加者には無料で入れる温泉券もついてきます。


 

なんと吉野家までありました(^0^;)

この他にも、地元の出店や催し物もたくさん出ていますので、

あまり人が多すぎず、かつハーフマラソンに挑戦したい方にはおすすめです(>_<)

人吉マラソンHPはコチラ

スポンサードリンク