「ピーピー…ピーピー」

「アレ?おかしいな?」

急いで仕事に行かなくてはいけないのに、車のエンジンがかかりません(汗)

いつもならブレーキを踏んだ状態でエンジンのボタンを押すだけでかかるんですが、この時は何度やってもピーピー鳴るだけで動いてくれません(・・?

スポンサードリンク


この忙しい時になんだよ~

とイライラを募らせていたのですが、冷静になってみるとどうやらスマートキーの電池切れが原因だったようです。

 

そんな時どうすれば良いのか?

具体的な対処法をココでご紹介しますので試してみて下さい!

 

電池交換せずにエンジンをかける方法とは!?

まず、最初にお伝えしたいことは、電池交換をすぐにしなくてもエンジンをかける方法はあるという事です。

 

急いでいるので、電池変えている暇がない!という方はこの手順で進めてみて下さい。
  1. ギアがP(パーキング)に入っていることを確認
  2. ブレーキをしっかり踏む
  3. エンジンボタンを押す
  4. 5秒以内にキーエンジンボタンに近づける
この4つでエンジンがかかりました♪

具体的にイラスト付きで解説していきます。

ギアはパーキングに入っているか?

当たり前ですが、エンジンはP(パーキング)に入っていないとかかりません…

ココって意外と見落としがちなので、チェックしてみます。

ブレーキをしっかり踏む

スマートエンジンの場合、ブレーキを踏まないとエンジンがかからない仕様になっているので、しっかりブレーキを踏みます。

エンジンボタンを押す

20160610_071603

次にエンジンのボタンを押します。

 

当然ピーピー鳴ってかかりません。

ですが、ココである行動をすることでエンジンがかかるようになります♪

5秒以内にスマートキーをボタンに近づける

20160610_071452

このようにピーピー鳴っている間にスマートキーをボタンに近づけます

 

すると…

 

20160610_071539

やった!エンジンかかりました~

これが出来た時は思わず

「ヨッシャ~」と一人でガッツポーズしてしまいました(^^ゞ

 

こんな方法があったとは…(;・∀・)

正直簡単な作業ですが、知らないと分からないことかなと思いました。



スポンサードリンク

電池交換もお忘れなく!

いや~最初は車が動いてくれなくて焦りましたが、なんとか解決できてホッとしました(^^)

今回ご紹介した手順はあくまで臨時の対処法になりますので、電池交換が必要だとわかった時は早めの交換を心がけて下さいね。

 

ちなみに、

なぜ「電池が切れている」とわかったのかと言いますと、

車のドアを開けるときにいつもはスマートキーを押すだけで開いたのに、今回は反応が無かったからです。

 

その時に「ん?おかしいな…」

と思いました。

20160610_071844

 

ドアが開かないので仕方なく、スマートキーから鍵を取り出して

20160610_071127

鍵穴からドアをあけました。

 

実際にエンジンを掛けようとするとピーピー鳴って

20160610_071318

このような表示が出てたので「電池が切れたんだ」とわかりました。

 

今回のように一度経験するとその後はなんとか対応できるようになるかと思いますが、初めてこのようにトラブルに見舞われるとパニックになる人もいるかと思います(汗)

焦らず、一度検索してみると案外解決策が見つかるんだなと身を持って感じました。

 

最後に、私が乗っているクルマはトヨタのスペイドという車です。

乗り始めて3年は経過しているので、それ位スマートキーを使用している場合は電池切れに注意した方が良いでしょう。

以上、参考になりましたら幸いです。

 

スポンサードリンク