「画びょうを使わずにポスター貼れないかな?」

つい先日、職場でこのような質問をもらいました。

掲示物ってほとんど画びょうでとめている所がまだ多いですよね。

スポンサードリンク


バッチリとまっている時は良いのですが、なんらかの拍子で外れると足で踏んだりすればケガをする恐れがあります(>_<)

私の働いている職場は子供や年配の方も出入りするので見かねた上司がなんとかしたいと思ったようです。。

 

壁を傷つけずにポスター等を貼る方法ってないの?

そんな方におススメ!

穴をあけずに貼ってはがせる「ひっつき虫」がスグレモノでしたので紹介します。

 

画びょうを使うデメリット

  • 壁に穴があく。
  • 外れると床に転がりケガをする恐れがある。
  • アパートやマンションの賃貸住宅では使えない事がある。
 

このような理由でポスターなど貼れないことって多いですよね。。

自宅でも職場でも状況は同じ。

そんな悩みを解決してくれるのがコクヨのひっつき虫というワケです(^^)

 

ひっつき虫の使い方

DSC_0803
コチラがひっつき虫。

文房具店やネット注文ですぐに手に入ります(^^)

 

DSC_0806
なかみを取り出すとなにやら白いボコボコしたものが出てきました。。

 

DSC_0807
これがひっつき虫の正体です!

白い粘着剤でポリプロチレンおよび無機鉱物充填剤を素材としています。

これをポスターなどにペタペタ貼っていくわけですね~

 

DSC_0809
具体的には、必要な量をちぎって丸めていきます。

触った感じは昔子供の頃に遊んでいたネリ消しに近い感触です(^^)

匂いなどは全くなく無臭ですね。

 

DSC_0811
これを柔らかくなるまでコネコネしていきます。

なんだか子供の頃に戻ったみたいでちょっと楽しい♪

だいたい10秒のどもんでいくと柔らかく丸まってきます。

 

DSC_0812
このように紙に少し伸ばしながらペタッと貼りつけます。

四隅に4個今回は取付けることに。

 

DSC_0813
試しにポスターを壁紙に貼りつけてみました。

ポイントはグッと押えながら付着させること。

紙と壁紙の間ですこし伸ばすくらいの気持ちで強く押し付けてください。

 

手を離しても全然大丈夫!

10分ほど放置してましたが、全くはがれる様子はなかったですね(^-^)

スポンサードリンク

画びょうの代わりにひっつき虫!

使ってみて感じたことは紙に若干のふくらみができますね。

薄くのばせば気になりませんが、少しだけ凹凸が出来てしまいます。

 

また、使用するなら紙だけにしておくべきです。

あまり重たい物は粘着できないと思います。

他にも、物が落ちないように滑り止めとしても使えそうですし、 壁を傷つけずに掲示物を貼る目的は果たせたので満足しています。

 

これからは職場だけでなく、自宅ポスターなども貼り換えを検討しようかな(^^)

と思った矢先…

数日たってもはがれる様子は全くなく、

「十分使える!」

と思った私はこのポスターを他の場所に貼ろうと思い、はがしてた所…

 

DSC_0814
このようにひっつき虫の残骸が…(汗)

テープ等と同じ感覚でサッとはがすとこのようになるのでご注意ください。。

そういえば、「はがすときはゆっくりはがしてください」とキチンとかいてありました。

ちゃんと読まないとダメですね(>_<)

 

残ったひっつき虫は他のひっつき虫でトントン叩くときれいに取れますのでご安心を(^^)

最後に

「画びょうの代わりになるモノなんて両面テープくらいしかないんじゃないの?」

最初はそう思っていました。

 

でもポスターを貼りつけるくらいの粘着力のあるテープは外すときに壁紙も一緒にはがれちゃうことが多かったんですね…

なんで壁紙もダメになる覚悟で使っていましたが、まさかこんな便利な商品があるとは…

技術の進化恐るべしです。(ちょっと大げさでした(^^ゞ)

 

私のように使い方を間違えなければ、色々なところで活躍できると思います。

ひっつき虫は価格もリーズナブルですので、まずはお試しで使ってみて下さい(>_<)


⇒コクヨひっつき虫の詳細はコチラ

 

スポンサードリンク