サッカー大好きな私は、日本代表戦をテレビで観ていてある言葉に引っかかっりました(‘;’)

「アンカー」

最近では、ボランチが当たり前のように使われているけど、

「アンカーってどんなポジション?」と思ってしまったのです。

 

いや、大体はわかりますよ^_^;
私も20年ほどサッカー観てきたし、やってきたから(>_<)

でもね、ハッキリと答えられない(ToT)/~~~
アンカーって何?って聞かれると…


スポンサードリンク




特に思ったのは、「ボランチ」との違いだね!

 

どう違うのかあなたはわかる?

あ、分かるという方は失礼しましたm(__)m

 

「ん~~、このままではイカンな。」

と思った私は、一度調べてみる事にしました(^O^)/

 

もし、知らなかったという方はコチラで一緒に学びませんか?

それでは、早速キックオフ!(意味不明)(ノД`)・゜・。

アンカーって何?

2014y11m23d_214608106-300x225
色々調べてみたところ、

アンカーって、実はイギリス発祥の言葉なんだって!

意味は…「碇(いかり)をおろす」ってことです( ;∀;)

 

は?っておもった人は現代人!

いかりとは船についている重しの事で、これを下すことで船に安定を生み出し、岸に停めることが出来るってわけ。

何世紀も昔のヨーロッパの例えからきてます。

 

これをサッカーに当てはめると、

「守備でチームに安定をもたらす人になります。」

 

守備でっていうのがポイント!

要するに、相手の攻撃の目を摘む守備のスペシャリストの事を指します。

 

位置取りとしてはディフェンスラインの一列前でいかりを下ろすようにボールを奪い、チームを助けるポジションといえますね!

 

少しはイメージわきましたでしょうか?

サッカーにおいてイメージできることは大事ですので。

 

一ついえることは、攻撃的なポジションではないようですね(;・∀・)

でも、サッカーは守備からといわれているように守備においてとても重要な役割を担うポジションといえるでしょうね~

ボランチとの違いは!?

では、次に疑問になっていた「ボランチ」との違いをみていきましょう。

2014y11m23d_214707156-259x300
まずボランチを理解する事で、別の角度から「アンカー」について学べるかもれません(^^)

 

ボランチとは…

ポルトガル語で「舵取り」という意味らしいです。

これも海に関する言葉でビックリ( ゚Д゚)まさかここでも被るとは…

 

ちなみに、ボランチはブラジルと日本でしか通じないみたいですよ~

海外に行ったときは恥かかないよう使わない方がよいです(^^;

 

で、舵取りは「攻守のバランスをとること」を指すようですね~

ここが、ポイント!

ボランチは「攻守」のバランスをとるポジションです。

アンカーとは大きな違いですね。

 

アンカーは基本守備が仕事です。

だから、チャンスの時でもボランチのように上がってゴールを決めるような事はほとんどありません。

 

決められれば良いのですが、もしボールを奪われてしまうと、一気にピンチになってしまうので、リスクが大きいワケですよ。

 

それは仕事をこなしてないという事になりますので、

監督によっては大目玉を食らう事も(ノД`)・゜・。

 

そこらへんの状況判断する能力も必要ってことです!
試合の流れを読める人、次のプレーを予測できる人じゃないとこなせない…

そんなインテリジェンスなポジションが「アンカー」ってことですね(`・ω・´)キリッ

スポンサードリンク




アンカーというポジションの考え方

これまで、アンカーというポジションについてお伝えしてきましたが、一つ注意点があります。

2014y11m23d_214855181-285x300
それは、アンカーというポジションはフォーメーションによって必ずしも存在するというわけではないという事です。
正確に言うと、アンカーといわれる役割が与えられず、ボランチとしてプレーするよう指示さてしまうことがあるってことですね。

 

今のサッカーの主流は「全員守備、全員攻撃」であり、DFでも積極的に攻撃に関与する場面があります。

 

その影響で、守備専門のアンカーというポジションをつけない監督もいます。

戦術的な問題での判断ですので、そこは何とも言えませんが(^^;

 

要するに、自分達がどういうサッカーをしたいのか。

勝つためにはどういったプレーをするのか。

これによってアンカーが必要なのかどうかって事ですね。

だから、まず戦術ありきのポジションと言えるでしょう。

 

よく、4-3-3の中盤の底に位置する選手はアンカーと呼ばれます。

日本では、レッズの阿部選手や代表では長谷部選手、細貝選手などがその役を任されます。

 

私個人としては、守備のスペシャリストとして、相手からボールを激しく奪うプレーにはいつも感動させられます。

自分がDFやってたからわかりますけど、前でボールを取ってくれるとホント助かるんですよ!

 

テレビの前でも

「ナイスカット!」

って言ってしまいます(;・∀・)
チームを助ける重要なポジションだと思います。

 

ちなみに私が考える歴代最高のアンカーといえば…

元フランス代表の「マケレレ選手」だと思います!

ちょっと古かったかな^_^;

 

以上でアンカーというポジションについての説明を終わります。
参考になればなによりです(^^)