無線LANって便利ですよね(^^)

家の中どこでもインターネットに
つながっている環境ってすごく快適です♪

ですが…
一つだけ問題があります^_^;

接続がおそ~い!!

待てど暮らせど接続できずに待っているのはイライラします(^^;)
しまいには再起動や4Gに切り替えたりして余計に手間がかかります。

原因は一体なんでしょうか?


スポンサードリンク




電波が弱い事。

これに尽きます。
障害物(壁や天井、物)に囲まれた所では
電波を遮ってしまうのですね。

それでパソコンにまで電波が届かなかったり、弱い為
無線LANとパソコン間で通信ができない。
というワケです。

でも、原因があれば必ず解決策がある筈です。
それについてこれからお伝えしていきますので、
参考になればと思います(^^)

解決策① 5GHzで接続する。

無線LANでは利用できる電波の種類が2種類あります。

2.4GHzと5GHzです。

で、2.4GHzが通常使われている事が多いのですが、
他の家電やWi-Fi機器も同じ2.4GHzなので、
干渉されやすく、障害が起こりやすいと言えます。

となれば、
5GHzに切り替えると良いことがありそうですね♪

5GHzは2.4GHzと比べて、通信速度が安定して速いのが特徴です!
さらに5GHzを使用している機器が少ないので電波の干渉を受けにくいのです。

「なんだ、じゃあ5GHzに切り替えれば問題解決じゃん!」

と思われたかもしれませんが、残念ながらデメリットもあります(^^;
それは、障害物に遮られると遠くまで届かないという事です。

つまり、壁や扉がない部屋や物がない空間であれば、
5GHzはとても安定しているのですが、
隣の部屋や下の階までは電波が届かないと言えますね。

部屋の中で電波が届きにくい場合は5GHzをお試し下さい(^^)

解決策② アンテナ付きのアダプターを使う。

いまではWi-Fi対応のパソコンは多くなってきましたが、
デスクトップのパソコンにはまだ対応していないタイプもあります。

そんな場合にはアダプターを付ければ無線LANが利用できるように
なりますが、パソコン本体の陰に隠れて上手く電波を受信できない事も
あるようです。

そんな時は、USB延長ケーブルをパソコンに接続して、
アダプターをできるだけ高い所に設置してみましょう♪

電波って高い所の方がうまく受信してくれるようですので、
試してみる価値ありです(^^)

また、アンテナを動かせるアダプターを取り付ける方法もあります!
イラスト

これもUSBに差し込むだけで、電波の受信を高めてくれるのでおススメです♪

解決策③ 中継器を設置する。

無線LANからパソコンまでの距離が遠い為、
電波が届かないのであれば、その電波を途中で繋げてくれる物を
設置すれば良いのです。

それが中継器です!

要するに、これを使って電波の範囲を広げてしまおうという事です。
これを設置すると電波が1アンテナだったものが2~3アンテナたつように
なりましたよ♪

電気屋さんにいって買ってこないといけないので、
コストがかかりますが、イライラを解消できるなら安い買い物でしょう。

スポンサードリンク




結論:中継器を買うのが一番早い!!

3つの解決方法をお伝えしてきましたが、

私がおススメする方法は中継器を買う事です。

解決方法①の5GHzへの切り替えは対応している機器が
限られていますし、遮る物があると途端に電波が届きにくくなりますし、
柔軟な対応がとりにくいです。

解決方法②は主にデスクトップPCの対応策であり、
ノートパソコンを使っている方には根本的な解決策には
なりにくいです(^^;
高い所にアダプターを設置しても限界がありますし、
可動式のアンテナもやはり電波が弱いと難しい所があります。

そんなワケで中継器を買う事が問題解決の一番早い方法になります(^^)

でも、先ほどもお伝えしましたが
購入しないといけないのでお金がかかるのがネックな所…

いや~私も正直あまりお金を掛けずに何とか解決したかったのですが、

中継器を買ってからはその様な考えはセコイな、と感じました。

設置するだけで、単純に電波が強くなるので、
2.4GHzでも干渉されにくく、速度も低下しにくいので
とても便利な機器があるんだな~と思いました♪

正直つい最近まで知らなかったので、
もっと早く知っていればイライラせずに済んだのにな(^^ゞ
便利な世の中になりましたよね( *´艸`)

電波が強くなるという事はパソコンだけでなく、
スマホやタブレットなどWi-Fi対応機器は全て
サクサク使える様になりますので、安い買い物だったな~
と思っています♪

少しは参考になりましたでしょうか?
解決策として3つの方法がありましたが
あなたに合った方法でまずはチャレンジしてみてはいかがでしょう?